ダービー発祥の地!ボートレース若松(若松競艇場)について紹介

ページTOP画像

福岡県北九州市若松区にある競艇(ボートレース)場、「ボートレース若松(若松競艇場)」について紹介します。

SG競走が国内で初めて開催されたことから、ダービー発祥の地としても有名です。

ボートレース若松でのレースを予想する際は、インコースに有利であるレイアウトであることや、潮と風の影響を考慮することが大切になります。

それでは、詳しく見ていきましょう!

目次

ボートレース若松(若松競艇場)の概要

ボートレース若松公式ホームページより
ボートレース若松公式ホームページより

1953年、国内初のSG競走である「全日本選手権競走」が初開催されたのが、ここボートレース若松。

そのため、ダービー発祥の地と言われています。

売り上げは全国トップクラス!2014年には800億円という全国の競艇場の中で1番の売上額を記録しています。

マスコットキャラクターは河童の4人家族。

大昔、若松には河童が居たという伝説に由来しているそうですよ。

総合案内所の近くには、地元北九州出身であり、現役時代は「艇王」とも呼ばれた植木通彦元選手を讃える「フェニックスホール」があります。

レースの観戦前後に、植木元選手の偉大な功績を体感するのも良さそうですね!

水面やレイアウトから予想するレース展開

潮と風に注意が必要

洞海湾奥側に位置しており、競走水面に海を利用しているため水質は海水

潮位差は最大で1.5mと少なく、それほど大きなうねりは発生しないという特徴があります。

とは言うものの、海を利用した水面である限り、多少は潮の影響を受けるということを忘れてはいけません。

干潮から満潮に向かう際は、2マークから1マークへの追い潮になるため、インコースが有利となります。

一方、満潮から干潮に向かう際は、水流が逆になるため、アウトコースからの「まくり」が決まりやすい傾向にあります。

さらに、注目すべきは「風」! 特に、風速5mを超える際は、インコースの勝率が低くなり、アウトコースからの「差し」や「まくり」が決まりやすくなります。

また、風の強い日はスタートのタイミングが掴みづらく、バラつきが生じることも。

潮の変化、風速、風向、水位などの組み合わせによって水面の状態が変わることを念頭に、予想をしていきましょう!

インコースに有利なレイアウト

ボートレース若松のレイアウトは、インコースに有利だと言われています。

まず1マークの振りが小さいため、インの選手は直線を維持したままスムーズに走り、そのままターンをすることが可能です。

さらに、1マークから正面岸までの距離が短いため、各ボートの間隔が狭くなり、インが逃げ切る展開になりやすいです。

実際に1号艇の1着率は50%を超えています

また、夕方には逆光で大時計の針が見えづらくなり、スタートのタイミングがずれることがあるので、こちらも注意です。

ボートレース若松で行われる主要レース

周年記念競走(G1)として「全日本覇者決定戦」、企業杯競走(GⅢ)では「JR九州ビートル杯争奪戦競走」が行われています。

SGでは、近年だと「第60回ボートレースメモリアル(2014年)」、「第63回ボートレースメモリアル(2017年)」、「第23回オーシャンカップ(2018年)」など、数々のレースが開催されています。

他にも、新鋭リーグ戦である「植木通彦フェニックスカップ」、女子リーグ戦の「ナイトクイーンカップ」、一般戦では季節ごとに「正月特選競走」、「GW特選競走」、「お盆特選競走」が開催されています。

また、2004年より「パイナップルナイター」という愛称で西日本で一番最初にナイター競走を開始しています。

2008年3月からは、通年ナイター開催をはじめ、盛り上がりを見せています。

ボートレース若松の施設情報

ボートレース若松は、東スタンド(2フロア)、西スタンド(4フロア)で構成されており、子供が楽しめるキッズスペースやアミューズメントコーナーも充実しています。

各フロアごとに、施設情報をまとめてみました。

ボートレース若松公式ホームページより
ボートレース若松公式ホームページより

【東1階:一般席】。

270席の一般席に加えて、女性専用席の「レディースコーナー」、最大70人が食事を楽しめる「フードコート」などがあります。

【東2階:一般席(SG開催時のみ)】。

SG開催時のみ利用できる、270席の一般席があるフロアです。

他には、子供向けのイベントを行う「パイン広場」があります。

【西1階:一般席】。

1マーク側に位置し、第1ターンマークの選手の駆け引きを間近で観戦できる一般席があります。

また、うどん・そばを出す食堂や、焼き鳥屋もありますよ。

安くて美味しいと評判です。

ボートレース若松公式ホームページより
ボートレース若松公式ホームページより

【西2階:一般席】。

1352席という、多数の一般席が用意されているフロアです。

【西3階:有料指定席(SG開催時のみ)】。

SG開催時のみ利用できる、有料の指定席です。

料金は500円。

お手頃価格で、ゆったりとレースを楽しむことができます。

【西4階:ロイヤル席】。

1人1台の専用モニターが設置されている、フリードリンク付きの有料指定席。

料金は、SG・GI本場開催時は3,000円、それ以外は1,000円です。

【わかわくらんど・ボルダリングパーク】。

ボートレース若松公式ホームページより
ボートレース若松公式ホームページより

お子様向けの施設として、全国初のボートレース場常設ボルダリング施設「Red Rock」(4歳から小学6年生までが対象)、知育玩具を揃えたあそび場「わくわかランド」(6ヶ月~小学3年生までが対象)があります。

なんと、利用は無料!付き添いで来たお子様も存分に楽しめて、良いですね! 定期的にイベントも開催されているようですよ。

ボートレース若松までの交通案内(アクセス)

住所

〒808-0075 福岡県北九州市若松区赤岩町13−1

電車でのアクセス方法

  • JR筑豊線「奥洞海駅」から徒歩4分
  • 鹿児島本線「小倉駅」から無料バスまたはタクシーで約20~40分

※レース開催日は門司駅・黒崎駅・戸畑駅・中間駅からも無料バスが運行します。

運行スケジュール等の詳細は、ボートレース若松の公式ホームページをご確認ください。

車でのアクセス方法

「若戸大橋」から国道199号線を通って約10分

駐車場情報

周囲に多数の無料駐車場があります(866台収容)。

ボートレース若松についてのまとめ

ボートレース若松は、インが有利な競艇(ボートレース)場! その理由には、まずレイアウトに隠されていましたね。

1マークの振りが9mと小さく、インコースの選手は直線を走る感覚でコーナーを曲がることができるからです。

また、海水を利用した他の競艇場よりは潮の影響を受けにくいとはいえ、満潮時はインが有利、干潮時はアウトコースからの「まくり」が決まりやすい傾向にあることも頭に入れておきましょう。

風にも要注意でしたね!強風時はアウトコースの「差し」「まくり」が決まりやすいことにも注目です。

合わせて読みたい記事