戸田競艇場(ボートレース戸田)特有の難しいコースは荒れるレースもあり

ページTOP画像

戸田競艇場(ボートレース戸田)は埼玉県にある競艇場で、水質は淡水のプール、波は1年を通して穏やかです。

まず特徴として挙げられることは、全国の競艇場で最も横幅が狭いとされているということでしょう。

コースに慣れていない選手はエンストや転覆を起こすこともある難しいコースとして知られています。

また、戸田競艇場は全国でもインコースの勝率が低い競艇場です。コースが狭いことと、1コースは1マークを斜めに走る必要があるので、1着率が低くセンターの勝率は高い傾向にあります。

目次

戸田競艇場(ボートレース戸田)のコース

戸田競艇場(ボートレース戸田)
戸田競艇場(ボートレース戸田)

戸田競艇場はボート場(戸田漕艇場)の一角に作られた競艇場で、水質は淡水、競争水面はプールになっており波は穏やかです。

はじめから競艇場として作られたのではなくボート場を利用しているため、戸田競艇場は全国で一番狭い競艇場として知られています。

その横幅は107.5mで、広いと言われている浜名湖競艇場や唐津競艇場と比べると、どれくらい違うかが分かるかと思います。

ただ観客からしてみると、舟が通る様子が近くで見れますし、電光掲示板の距離も近いので、レースを観戦する環境としてはとても良いです

戸田競艇場(ボートレース戸田)のレース展望

戸田競艇場は全国の競艇場の中でもインの勝率が低い競艇場です。

その理由は前述で申したようにコースが狭く、その関係上1マークがホームストレッチに寄っているため1コースは1マークを周るために斜めへ走らなければならず、距離が長くなってしまうためです。

またスタートがうまくいかなければ、周囲の舟に巻き込まれるような形になるのでうまく進むことが出来ません。

一方センターは1マークが延長線上にあるので、そのまま走って旋回出来ることと、まくりもしやすいため、4コースの1着率が全国でも高いです。

とはいえ先行さえすればやはりインコースは結果に絡むことが多いので、そうしたことから戸田競艇場は荒れるレースが起きやすいと言われています。

戸田競艇場(ボートレース戸田)の主要レース

戸田競艇場で行われている主要レースを以下にまとめてみました。

  • 周年記念(G1):戸田プリムローズ
  • 正月:埼玉選手権
  • ゴールデンウイーク:ウインビーカップ
  • お盆:戸田ボート大賞
  • 加藤峻二杯(登録15年未満の選手のみ)

主要レースではありませんが、戸田競艇場では全日程で企画番組が行われており、第2レースがウインウイン2。

第7レースがウインウイン7と呼ばれ、1号艇か4号艇にA級の選手が配置されることが多いです。

戸田競艇場(ボートレース戸田)で行われたSG

戸田競艇場では比較的SGが開催されています。

直近では2019年に鳳凰賞競走が行われました。

特に鳳凰賞競走の開催は多いです。

ちなみにボートレースクラシック、または総理大臣杯という名称でも知られています。

埼玉支部の有名選手

埼玉支部の有名選手
埼玉支部の有名選手

埼玉支部(支部とは競艇場のある地域)は平石和男選手、西村勝選手、桐生順平選手、黒井達矢選手といった選手が有名でしょう(他にも多くいらっしゃいます)。

中でも平石和男選手はSG優勝1回、G1優勝10回、2006年に1000勝を達成した埼玉支部を代表する選手です。

そして現在埼玉支部で高い人気を誇るのは桐生順平選手。

デビュー以降早くから多くのビッグレースに出場、勝利を飾り、2015年の鳳凰賞競争(ボートレースクラシック)で初優勝しました。

現段階でSG優勝3回、G1優勝7回と高い実績を残しており、これからもその勝利数が増えていくことに期待が持てる選手です。

戸田競艇場(ボートレース戸田)へのアクセス

戸田競艇場へは電車か車、また無料バスの運行もあるのでアクセスは非常に良いと思います。

まず電車で向かう場合、埼京線の戸田公園駅で降りましょう。

無料バスが運行されており、約5分ほどで戸田競艇場に到着します。

車の場合は東京外郭環状道路の戸田西インターで降りてください。

もう一つのルートは首都高速5号線で降りて向かう方法です。

無料バスは東武東上線の成増駅北口、JR京浜東北線の川口駅西口、都営三田線高島平駅からそれぞれ運行されています。

ちなみに戸田競艇場は前述のように東京からも非常に行きやすいため、かなり人気の高い競艇場です。

戸田競艇場(ボートレース戸田)の施設情報

戸田競艇場はイベントホール、キッズルーム、フードコートなどを備えており、とても充実している施設といえるでしょう。

まず1Fにはイベントホール、売店、そして床屋とゲームセンターがあります。

いずれも時間が空いている際にパッと利用することができ便利です。

施設内から出ればそのままレースを観戦でき、対岸には電光掲示板があるので簡単にレース結果を確認することが出来ます。

2Fにはキッズルームがあるのですが、かなり充実した遊び場となっています。

子供を連れての来場に力を入れていることが伺えます。

3Fはスタンド席、レストラン、フードコートがあり吉野家やうどん、ラーメン、ハンバーガーなどが揃っているので食には困らなさそうです。

5Fには飲食店と指定席があります。

500円、1000円、2000円の席があるのでお好きな席を選んでください。

戸田競艇場(ボートレース戸田)についてのまとめ

戸田競艇場(ボートレース戸田)
戸田競艇場(ボートレース戸田)
  • 競艇場の中でも非常に狭いコース
  • 1コースの勝率は全国でも低い
  • その反面センター(特に4コース)の勝率は全国でも高い

戸田競艇場はコースが狭いことと、その関係で1マークがホームストレッチに寄っているため、1コースを走った場合斜めに周る必要があり、その分距離が伸びてしまうので他のコースに巻きこまれるがあります。

そのため1マークの延長線上、まっすぐ走ればいいセンターの勝率が高くなりやすく、まくりで決まるレースも多いようです。

もちろんスタートが良ければ1コースでも勝利が狙えるので、戸田競艇場はたまに荒れる競艇場だと思います(つまり高配当も狙えるということ)。

合わせて読みたい記事