潮の変化にとにかく注意!ボートレース児島(児島競艇場)について紹介

ページTOP画像

瀬戸内海に面した競艇(ボートレース)場、「ボートレース児島(児島競艇場)」。

海を利用した競走水面であるために、潮の満ち引きよって水面特徴が変わることが最大の特徴です。

そして、癖がないコースであるため、潮の影響をしっかり受けることにも注目。

つまり満潮時と干潮時、それぞれの水面特徴やレース展開に注意することが一番の鍵となります。

目次

ボートレース児島(児島競艇場)の概要

ボートレース児島(児島競艇場)は、岡山県倉敷市にある、競艇(ボートレース)場。

瀬戸内海に面しており、海水を利用したコースです。

通常、海水は浮力がつくので体重が重い選手の成績が良くなると言われますが、ボートレース児島の海水は濃度が高いためか、体重差が出にくいと言われています。

また、ボートレース児島のレイアウトは平均的ですが、その分癖がないため潮の満ち引きや機力の優劣による影響を大きく受けることも頭に入れておきましょう。

ピットから2マークまでの距離が101mと短いので、枠なり進入率が高いもの特徴のひとつです。

潮の満ち引きに影響される水面特徴

ボートレース児島の水面
ボートレース児島の水面

潮位の干満によって水面状況が変わるボートレース児島。

満潮時と干潮時の差は最大で2.5mに及びます。

風の影響は少ないですが、満潮時と干潮時でそれぞれレース展開が異なるので、まずはそれぞれの特徴をしっかり捉えることが大切です。

ボートレース児島の公式ホームページには「潮汐表」が掲載されているので、チェックしながら予想することがおすすめです。

満潮時の特徴

満潮時は、水位が高くなることにより水面にうねりが発生します。

アウトコースの選手はコーナーで流されやすくなるため「まくり」が決まりにくく、インコースが有利となります。

干潮時の特徴

干潮時は穏やかな水面状況となり、レースはスピード戦へ

「まくり」などのスピードを活かしたターンが決まりやすくなります。

ボートレース児島で行われる主要レース

周年記念(GI)の「キングカップ」、企業杯 (GIII) の「シモデンカップ」が毎年行なわれています。

SG競走では、近年だと「第15回チャレンジカップ競走(2012年)」、「第52回ボートレースクラシック(2017年)」、「第66回ボートレースダービー(2019年)」など、さまざまなレースが開催されています。

また、イメージキャラクターのアヒルのガァ〜コにちなんで「ガァ〜コカップ」が定期的に行われます。

他にも、お正月の「岡山県モーターボート選手権大会」、ゴールデンウィークの「鷲羽杯競走」、お盆の「天領杯競走」などの人気レースがあります 。

ボートレース児島の施設情報

ボートレース児島公式ホームページより
ボートレース児島公式ホームページより

ボートレース児島は、全5フロアで構成された競艇場です。

入場料は100円。

子供が遊べるスペースや、女性・カップル専用席等が用意されているため、家族連れや女性同士での利用もおすすめです。

各フロアの施設情報をまとめてみます。

【1階:スタンド席・キッズコーナー】。

迫力満点のレースを近くで見ることができる「屋外観覧席」があります。

パラソルの下にテーブルとベンチを設けた「デッキ席」も用意されているため、日差しが強い日や、ファミリー、グループでの観戦にも役立ちそうですね。

また、1階には子供の遊び場やおもちゃが用意されている「ガァ~コランド」、「キッズルーム」があります。

お子様も連れの方も安心して楽しめますね。

【2階:レストラン・展示コーナー】。

リーズナブルで美味しいメニューが揃っている「食堂サルビア」と、「展示コーナー」のフロアです。

【3階:室内一般観覧席・女性・カップル専用席】。

室内一般観覧席が用意されているフロアです。

冷暖房完備のため、どんな季節でも快適に過ごすことができそうです。

一般観覧席の中には「女性・カップル専用席」もあり、女性同士やカップルでのゆったりとした観覧もおすすめです。

モニターが用意されたラウンジや、食堂もありますよ。

【4階:室内一般観覧席・指定観覧席】。

1,000円で利用できる、指定観覧席があるフロアです。

指定観覧席にはグループ席もあり、仲間と楽しく、快適に過ごすことができます。

見晴らしがよく、瀬戸内海を眺めることもできますよ。

【5階:ロイヤルルーム(有料会員制)】。

モニター付シート、ドリンクサービス、専用駐車場もある有料会員制の「ロイヤルルーム」のフロアです。

会員になるには年会費12万円が必要ですが、ファーストクラス級の観覧席で競艇を楽しむことができます。

ボートレース児島までの交通案内(アクセス)

住所

〒711-8567 岡山県倉敷市児島元浜町6-3

電車でのアクセス方法

JR瀬戸大橋線「児島駅」から無料バスで3分 (JR倉敷駅・新倉敷駅・金光駅・福山駅からも無料バスが出ています。

) 電車で行く際は、JR列車の普通往復乗車券の復路分(最高2,000円まで)を払い戻してもらえる、JR列車復路運賃払戻サービスの利用がおすすめです。

サービスの流れは以下です。

  • 事前に乗車駅でJR普通往復乗車券を購入する
  • 開門から13時までの間に第1投票所または第34投票所(指定席)にて受付をする
  • 受付では往復普通乗車券の「かえり」の切符を提示する

※JR列車復路運賃払戻サービスの詳細・無料送迎バスの運行スケジュールについては、ボートレース児島の公式ホームページをご確認ください。

車でのアクセス方法

瀬戸中央自動車道「児島IC」より約3分

駐車場情報

2,500台の無料駐車場があります。

ボートレース児島についてのまとめ

ボートレース児島では、とにかく潮の満ち引きによる水面の変化に注意することが鍵となりそうですね。

  • 満潮時はうねりが強く、アインコースが有利になる
  • 干潮時は穏やかな水面に一変し、スピード勝負になる
  • 水質は海水にも関わらず体重差が出にくい

など、ボートレース児島ならではの特徴を掴み、予想をしてみましょう。

家族連れや女性同士でも、気軽に遊びに行きやすい施設である点もうれしいですね!

合わせて読みたい記事