競艇予想サイトナイターレース発祥の地であるボートレース桐生(桐生競艇場)の特徴を解説!予想のポイントは?

ページTOP画像

通年ナイターレースを行っているボートレース桐生(桐生競艇場)について紹介していきます。

コースの特徴は全体的に全国平均に近い作りですが、コースに特徴があります。

こちらの記事では水面についてのポイントや、レースに影響が出やすい風、および選手についても解説していきます。

それでは、ボートレース桐生(桐生競艇場)の特徴について紹介していきましょう。

目次

年間を通じてナイターを開催しているボートレース桐生(桐生競艇場)について解説

桐生競艇場外観
桐生競艇場外観

ボートレース桐生(桐生競艇場)は群馬県のみどり山市にあるボートレース場です。

全国24の競艇場の中で最も高い位置にあるため、気圧や風の影響が生じやすいことが特徴です。

また、ボートレース桐生(桐生競艇場)はナイターレース発祥の地です。

年間を通じてナイターレースを行っており、日が沈んでからのレースも狙うことができます。

ボートレース桐生(桐生競艇場)のコースの特徴!ピットと第2ターンマークまでの距離が長いことに注目

桐生競艇場コース
桐生競艇場コース

続いては、ボートレース桐生(桐生競艇場)のコースの特徴を紹介します。

ボートレース桐生(桐生競艇場)はコース幅や1マークは平均的なレイアウトなので「イン逃げ」、「まくり」を行いやすいコースです。

ピットから2マークまでの距離は165mあり距離が長いことがわかります。

この長い距離をどのように成功させるかでレースの勝敗が分かれます。

ボートレース桐生(桐生競艇場)の水面について4つのポイントを解説

こちらでは、レースの勝敗を左右するボートレース桐生(桐生競艇場)の水面について紹介していきます。

ボートレース場(競艇場)にとって水面や水質はレースに影響が強いものです。

レース場の水面がどれだけ荒れるかによって予想も変わってくるため、ボートレース場(競艇場)それぞれの特性を理解していきましょう。

ボートレース桐生(桐生競艇場)の水質は選手の体重差に影響が出やすい淡水である

ボートレース桐生(桐生競艇場)の水質は阿佐美沼の水を利用しているため淡水です。

競艇場における淡水の特徴を以下にまとめました。

  • 競艇選手の体重が軽いほどレースの結果を出しやすい
  • 淡水は水質が硬いためモーター性能が重要
  • 海水と異なり満干がないため乗りやすい

これらのことから、体重が他の選手と比べて5kg以上重い選手や、モーター2連率が30以下などは除外して予想を立てることをおすすめします。

ボートレース桐生(桐生競艇場)は通年ナイターを開催しているため1コースの1着に目を向けてみよう

ボートレース桐生(桐生競艇場)はナイターレース発祥の地であり、通年ナイターレースを開催しています。

ナイターレースは第1レースが15時頃に始まり、最終レースが20時30分頃終わります。

前半の第1レースから第6レースまでは日は出ており、後半の第7レースから第12レースは日が沈んでいることが多いことが特徴です。

そのため、後半の日が沈んでからのレースは1コースの1着を狙うことをおすすめします。

また、日が沈んでからの後半レースでは大時計をが見にくくなります。

選手は大時計を見てタイミングを測っているため動体視力が良い若手の選手の方がスタートダッシュがしやすいので、そこも考慮して予想をすると良いでしょう。

昼と夜の気温差が大きいためボートレース桐生(桐生競艇場)はモーター調整がしにくい

ボートレース桐生(桐生競艇場)は内陸部に面しているため昼と夜の気温差が大きいことが特徴です。

ボートレース予想に重要なモーターの調整も気温差が大きいと難しくなります。

昼で調子がよかった選手もナイターレースでは思うようにいかないという場合もあります。

そのためボートレース桐生(桐生競艇場)で注意すべきは2回走りの選手です。

ボートレースではモーターのコンディションが重要ですので、気温についても注目する必要があります。

ボートレース桐生(桐生競艇場)は春と冬は強い追い風の「赤城おろし」が吹くため予め風の確認をしよう

ボートレース桐生(桐生競艇場)では追い風となる赤城おろしが吹くことが特徴です。

赤城おろしとは、群馬県中央部から東南部において冷たく乾燥した強い風のことをいいます。

無風時はスタートがしやすくイン勝率が上昇傾向ですが、春や冬にかけて吹く強い風によってはレースの予想が大きく変わっていきます。

風速1m〜2mの追い風でしたら1コースが勝ちやすいですが、3m以上の風が吹くと2コースや3コースが勝ちやすいことが特徴です。

その理由は、強い追い風で第1ターンマークで1コースのターンがふくらんで2コースや3コースが決まりやすいからです。

風の情報は都度変わるため、直前までチェックをして予想に活かしてみましょう。

ボートレース桐生(桐生競艇場)で予想するための3つのコツを紹介

続いては、ボートレース桐生(桐生競艇場)で予想するためのコツを紹介していきます。

ボートレース桐生(桐生競艇場)の特徴である強い追い風やナイターレース、選手などに着目してそれぞれ紹介していきます。

予想をする際の参考にしてみてください。

レースの予想に影響が強い風!直前で風の確認を行おう

ボートレース桐生(桐生競艇場)の特徴は冬や春に吹く強い追い風です。

風はレースに大きく影響するため、直前まで確認を行いましょう。

風の影響による予想をまとめました。

  • 風速1m〜2mの弱い風の場合は1コースが有利
  • 風速3m以上の強い追い風の場合は2コースと3コースが有利
  • 向かい風の場合は4コース、5コース、6コースが有利

向かい風は1コースから3コースのスタートダッシュしにくくなるため、4コースから6コースの選手が有利になります。

モーターの出足が良くなるため日が沈んだ後のレースで1号艇を狙う

ボートレース桐生(桐生競艇場)は日が沈んだ後もレースを行っています。

日が沈んだ後のレースでは1号艇を狙うことをおすすめします。

理由はモーターの出足が良くなるためです。

1コースの半周ラップや直線タイムが良い場合は1着を取る確率が高いので狙い目です。

1号艇は1コース取得率が95%なので、1コースを1号艇と捉えて予想することも見極めの1つです。

ボートレース桐生(桐生競艇場)の水面になれている地元選手に注目する

ボートレース桐生(桐生競艇場)で予想する際、地元選手に注目する理由は以下の通りです。

  • ボートレース桐生(桐生競艇場)の水面になれているためモーターの調節がしやすい
  • ピット離れからのコース取りが慣れているため有利である
  • ナイターレースの経験も遠征組の選手よりあるため予想しやすい

ボートレース桐生(桐生競艇場)の水面に慣れている選手で予想するのであれば、枠番に関わらず考えてみても良いでしょう。

例えば、地元選手であれば4コースから6コースにいても注目して予想することをおすすめします。

ボートレース桐生(桐生競艇場)の特徴・予想ポイントのまとめ

これまで、ボートレース桐生(桐生競艇場)の特徴や予想について紹介していきました。

ボートレース桐生(桐生競艇場)のコースの特徴は他の競艇場と比較しても近い作りになっています。

しかし、ピットと第2ターンまでの距離が165mと長く、こちらの予想が必要です。

さらに、ボートレース桐生(桐生競艇場)はナイターレースも行っており、日の出ている時間帯から日が沈んでいる時間帯まで開催していることが特徴です。

同じナイターレースであっても、大時計の見やすさや1コースでの予想など異なる部分がありますので、予想材料にしていきましょう。

また、ボートレース桐生(桐生競艇場)での予想を行うコツは3つです。

  • 風の確認(風の影響により有利なコースが異なるため)
  • 日が沈んだ後の1号艇(モーターの出足が良くなるため)
  • 地元選手への予想(地形に慣れている選手であれば有利なため)

以上に着目して予想を立てていきましょう。

合わせて読みたい記事