インコースの3連対率が高い?!ボートレース丸亀(丸亀競艇場)を紹介

ページTOP画像

通年を通してインコースの3連対率が高いと言われているボートレース丸亀ですが、最大の特徴は強風です。

この潮と強風がレースにどう影響するのか。そして、インコース以外にも実は勝率が高いコースがありますので、そこをふまえた上で、お得な情報をお伝えしていきたいと思います。

目次

ボートレース丸亀(丸亀競艇場)の概要

ボートレース丸亀外観
ボートレース丸亀外観

ボートレース丸亀は、1952年に香川県丸亀市に開設された競艇場です。

当初は丸亀競艇場だったのですが、2010年に「ボートレース丸亀」に変更し、レース場のロゴをはじめひらがなで「まるかめ」と表記されることが多いようです。

マスコットキャラクターは亀の「スマイル君」で、緑色の前髪やニッコリ笑顔が愛くるしい感じです。

また、ボートレース丸亀付近には様々な観光地もあって「丸亀城」や「猪熊弦一郎現代美術館」「レオマリゾート」など香川県の中でも有名なスポットがたくさんあります。

日帰りでいろんな所を回るのは、難しいですが宿泊予定で行く際にはボートレース丸亀と合わせて行くことをおすすめします。

ボートレース丸亀(丸亀競艇場)のコースについて

ボートレース丸亀の特徴と言えばやはり

水面が海水なため、干潮や満潮によってレース展開が大きく変わり、天候によってもレース展開が左右されることが大きいことから、予想するのは他の競艇場と比べて難しいコースと呼ばれています。

特に押さえておきたいのは、満潮と干潮の干満差と風ですが、干満差は最大3m で満潮ではスピード出にくいため、「イン逃げ」が有利なレース展開となる可能性があります。

逆に、干潮ではスピードがでやすくなるため「差し」や「まくり」にもチャンスがある展開になると予想されます。

満潮か干潮は、ボートレース丸亀の公式ホームページに掲載されておりますので、確認することおすすめします。

また、もう1つの特徴である風は「向かい風」と「追い風」レース展開が左右されます。

向かい風ではややインコース有利で、追い風で外のコースにもチャンスがあるということを予想するに認識しておくことをおすすめします。

注目は4コース!ボートレース丸亀を攻略

ここまでボートーレース丸亀は、基本的に「インコースが有利だ」と言ってきましたが、実はこれ連帯率の話なんです。

1コースの1着率というのは、他の競艇場比べて例年低い傾向があります。

元々センターの攻めやすい水面でスピードが出しやすく、ここに干潮や向かい風が加わると4コースや外側のコースに有利な展開になり、特に「差しや」や「まくり」などが有利なるレース展開が予想されます。

実際に4コースの1着率は全国24カ所の中でも高いのが特徴です。

ただ、どういった条件ならどのコースが有利なのか分かりづらいと思うので、簡単にポイントの方を説明させていただきます。

ボートレース丸亀を攻略ポイント

満潮で、風速が2mまでの風なら1コースが有利な展開。

満潮で、追い風なら2コースが有利な展開。

干潮で、向かい風3m以上なら4コースから6コースの外側のコースにチャンスあり。

ボートレース丸亀付近のおすすめうどん屋特集

せっかくボートレース丸亀まで来たんだからおいしいうどん屋さんでうどん食べたい。

そう思う人は多いのかなと思います。

そこで、ボートーレース丸亀から近くおいしいうどん屋さんを紹介してきます。

なかむら

なかむら
なかむら

香川では讃岐うどんの伝説とも呼ばれているくらい有名なうどん屋さんです。

「軟体腰」と呼ばれた細くて柔らかいのに弾力のある麺は絶品で、おすすめは「かまたま」です ただ、行列が絶えない店なので、厳しい場合は姉妹店の「なかむらうどん」もおすすめです。

麺処 綿谷(めんどころ わたや)丸亀店

麺処 綿谷
麺処 綿谷

ボートレース場が近くにあるうどん屋さんですが、和風な外観が特徴のおしゃれなうどん屋さんです。

子ども連れでも入りやすく、約60年と古くから愛されるうどん屋さんとなります。

つづみ

つづみ
つづみ

手打ちうどんにこだわったお店で、「ボートーレース丸亀」や「丸亀城」からも近いうどん屋さんで、なんといってもメニューが豊富です。

色んな物を食べたい方にはおすすめなうどん屋さんです。

ボートレース丸亀の施設案内

施設内は、2012年にリニューアルオープンしてから内観がすごく綺麗になり、入場料は100円となっています。

全館でwifiが使用できるのは便利ですし、ご当地ならではの食べ物やお土産を購入できるのも良いですよね。

ボートレース丸亀内観1階
ボートレース丸亀内観1階

【1階:カフェテリア・キッズルームフロア】

1階には青と白のおしゃれな「カフェテリア」やお子さんやお母さんには嬉しい「キッズルーム」、「水面競走」などがあるフロアになります。

広いキッズルームがあるとやはり小さなお子さんを連れている方も、安心して行くことができますよね。

ボートレース丸亀内観2階
ボートレース丸亀内観2階

【2階:一般席・フードコートフロア】

こちらでは「入場ゲート」や「一般席」、「フードコート」があるフロアになります。

フードコートではうどんはもちろんその他色々な食べ物があり、なんといっても一面がガラス覆われているから開放感抜群ですし、一般席も結構広く作られて、複数人座れる席や車いす用の席も用意されています。

また、売店などで1.000円買うともれなく、選手のサインなど非売品がもらえるかもしれないガチャが引きますので試してみてください。

ボートレース丸亀内観3階
ボートレース丸亀内観3階

【3階:マリンシート(指定席)フロア】

3階は指定席フロアになりますが、非常に綺麗でマリンシートとも呼ばれています。

値段としては、「チャア席」と「車いす席」は1,000円で「ボックス2人席」が1,500円、「ボックス4人席」3,000円となっています。

車いす席は6席なため、事前に空いているかどうか受付で聞くことをおすすめします。

また、他にもキッズルームやイベントホームなど様々な用途でも使用されます。

ボートレース丸亀内観4階
ボートレース丸亀内観4階

【4階:スカイシート(ロイヤル席)フロア】

木をデザインとしては高級感あふれる席で、スカイシートとも呼ばれています。

椅子は皮座り心地が良く、値段は「チェア席」と「車いす席」が2,000円で、グループシートは最大5名様で5,000円となっています。

こちらの席では座り心地もさることながら、「全席ipad投稿完備」や「フリードリンク」「専門紙贈呈」、「おしぼりサービス」など至れり尽くせりな席となっております。

ボートレース丸亀のアクセス方法

〒763-0011  香川県丸亀市富士見町4丁目1番1号

電車のアクセス方法

「瀬戸大橋線・予讃線」で「丸亀駅」に行き、バスで10分。

車のアクセス方法

「高松自動車道」から「坂出IC」を降り、一般道で15分。

「瀬戸中央道」から「坂出北IC」を降り、一般道で15分。

「高松自動車道」から「善通寺IC」を降り、一般道で20分。

ボートレース場の駐車場は約2.200台で無料で入れることができます。

バスのアクセス方法

「丸亀駅」と「坂出駅」から無料運行しているので、そちらに乗ることをお勧めします。

ボートレース丸亀のまとめ

ボートレース丸亀ではとにかく「潮」「風」によって左右されるので、「満潮か干潮か」や「向かい風か追い風か」などしっかり判断したうえで、レース予想をしていきたいですね。

それにしても、おいしい讃岐うどんを食べて、水面でお城も観ながら観戦をするなんてなんとも贅沢ですよね。

合わせて読みたい記事