検索
「舟遊記」は口コミ通り有料予想が当たる競艇予想サイト!57万超えの高配当も!?

「舟遊記」は口コミ通り有料予想が当たる競艇予想サイト!57万超えの高配当も!?

記事を見る

SG「ボートレースオールスター」は出場選手がファン投票で決まる!?特徴・賞金・歴代優勝者

SG「ボートレースオールスター」は出場選手がファン投票で決まる!?特徴・賞金・歴代優勝者

「ボートレースオールスター」は、全8種類のSG(最上グレードの大会)の1つです。

出場選手がファン投票で決まるというのが最大の特徴となります。

正式名称は「笹川賞競走」です。

競艇の基礎知識を身に付けたいという初心者の方へ向けたお手軽入門書!

目次

ボートレースオールスターの概要

  • グレード:SG(最上級グレード)
  • 優勝賞金:3900万円
  • 優勝戦:6名(準優勝戦上位者2名ずつが出場)
  • 準優勝戦:得点上位18名
  • 予選:4日間
  • 主催者:市・組合・企業団
  • 開催地:全国の会場(持ち回り)
  • 開催時期:5月下旬 - 6月上旬
  • 第1回開催:1974年5月2日

本競走は「ファン投票によって出場選手が決定」されるのが最大の特徴です。

第41回大会より「ボートレースオールスター」が通称とされました。

例年5月の最終週(5月から6月に架けての月跨ぎ開催になる年も有り)に行われています。

ちなみに、正式名称の「笹川賞」は競艇の産みの親である笹川良一(ささかわ

りょういち)さんの名前から取っているそうです。

女子選手が出場しやすいSG競走?

オールスターはファン投票の形式という事もあり、女子選手が出場しやすいSG競走です。

2014年の第41回大会ではSG最高記録となる女子選手12人が選出されました。

この年に開催されたオールスターでは、2日目の第1Rにオール女子戦も組まれています。

しかし、翌2015年に女子選手の選出数がファン投票の対象となる選手の男女比を勘案して制限されるようになりました。

ボートレースオールスターの出場資格は?

  • ファン投票上位選手(投票対象は前期A1級選手のみ)
  • 前年度大会の優勝者
  • 昨年度のグランプリ優出者6名
  • 直近のSGであるボートレースクラシック優勝者
  • 選考委員会選出の選手(3名)

前年度大会の優勝者・昨年度のグランプリ優出者6名・直近のSGボートレースクラシック優勝者は、「優先出場者」と呼ばれています。

ファン投票について

1月下旬になるとファン投票の案内が発表されます。

投票期間は2月下旬まで。

結果発表は3月上旬になります。

  • 投票期間:1月下旬 - 2月下旬
  • 結果発表:3月上旬(中間発表は2月中旬)

投票は主にオンライン上(ボートレースオフィシャルWEB)で行われています。

全国の競艇場・チケットショップでは、マークシートでの投票も受け付けています。

投票結果はボートレースオフィシャルWEB、ボートレース雑誌、スポーツ新聞各紙で発表されます。

また、投票上位6名は初日の最終レースで行われる「ドリーム戦」に出場できます。

ドリーム戦の選抜も兼ねているので、優先出場選手も投票対象です。

選出除外(投票者リストに入らない)対象

以下の項目に当てはまる選手は、ファン投票から除名されます。

  • 前年の1月から12月末日までの出走回数160走未満の選手(優先出場選手は免除)
  • 直近1年間のSG優勝戦で選手責任でのスタート事故を起こした選手
  • 直近1年間のSG準優勝戦で選手責任でのスタート事故を起こした選手(一部SGを除く)
  • 前年のグランプリで選手責任事由によるスタート事故を起こした選手
  • 前年の1月以後に褒賞懲戒規定による出場停止処分(一部を除く)を受けた選手
  • 産休などで投票を辞退した選手

出場取消になる場合も!?

以下の項目に当てはまった選手は出場取消となります。

  • 当大会前検日までに褒賞懲戒規定による出場停止処分を受けた選手(一部を除く)
  • 負傷、病気等により出場を辞退する申出があった選手

実際にあったファン投票にまつわるトラブル

2013年2月のことです。

ボートレース大村での「第40回笹川賞」のファン投票イベントに参加していた中村亮太選手が、投票用の専用マークシートに自分の欄をマークしてファンに配布するという不正を行いました。

ファンの一部からボートレース大村へ苦情が寄せられたことで事態が判明。

競走会は褒賞懲戒審議会を開き、12カ月間の出場停止処分を決定。

さらに選手会からも12カ月間の自粛欠場を勧告され、その選手は実質2年間出場停止処分となりました。

ボートレースオールスター歴代優勝者一覧

笹川賞の第1回が開催されたのは1974年です。

全国地区対抗競走が廃止され、その代替として開催されるようになりました。

ちなみに第1回大会のファン投票1位は艇王の異名を持つ彦坂郁雄元選手・優勝者は野中和夫元選手でした。

また、2019年から優勝者が新設された「ボートレースバトルチャンピオントーナメント」への出場権を得られるシステムが新たに加わりました。

直近10年の大会優勝者は以下の通りです。

開催 優勝戦実施日 ボートレース場 優勝者
第47回 2020年5月31日 住之江 篠崎仁志選手
第46回 2019年5月26日 福岡 吉川元浩選手
第45回 2018年5月27日 尼崎 中島孝平選手
第44回 2017年5月28日 福岡 石野貴之選手
第43回 2016年5月29日 尼崎 平本真之選手
第42回 2015年5月31日 大村 山崎智也選手
第41回 2014年6月1日 福岡 菊地孝平選手
第40回 2013年5月26日 福岡 新田雄史選手
第39回 2012年5月27日 浜名湖 井口佳典選手
第38回 2011年5月29日 尼崎 池田浩二選手
第37回 2010年5月30日 浜名湖 岡崎恭裕選手

まとめ:2021年も5月下旬に開催予定

2021年も「ボートレースオールスター」が行われます。

  • 開催期間:第48回 2021年5月25日-5月30日
  • 開催地:ボートレース若松 (ナイター開催)

第48回のボートレースオールスターの出場選手は以下のサイトで確認できます。

2020年の第47回大会は新型コロナウイルス感染拡大対策として、無観客開催措置が取られました。

今年はどのような開催方式になるかはまだ決まっていませんが、例え無観客であったとしても、選手達を応援する気持ちがあれば問題ありません!

その時は、ライブ中継を通じて選手達を熱く応援しましょう!

ドント小東
ドント小東
競艇歴100年のファッションデザイナー☆降臨☆
【教えてやろう、競艇なんて簡単だ】
潤沢なノウハウ、金、富、そして金の全てを兼ね備えた貧乏ライターです
峰はワシが育てた…

合わせて読みたい記事