LINEで稼げる予想配信中!
検索

2022年最新「獲得賞金ランキング」やSG「ボートレースグランプリ」について紹介!

2022年最新「獲得賞金ランキング」やSG「ボートレースグランプリ」について紹介!

競艇(ボートレース)ファンが毎年年末に近づくにつれて気になってくることといえば、最新の「獲得賞金ランキング」でしょう!

賞金ランキングは年末の大一番SG「ボートレースグランプリ」出場に関係する非常に重要な要素です!

また、女子選手は「クイーンズクライマックス」出場を懸けた賞金ランキング争いもあるため目が離せません!

このページでは2022年最新の獲得賞金ランキングをはじめ、SG「ボートレースグランプリ」の詳細、過去の賞金ランキングについて紹介します!

目次

競艇(ボートレース)の「獲得賞金ランキング」は非常に重要!

毎年競艇ファンも注目する「獲得賞金ランキング」
毎年競艇ファンも注目する「獲得賞金ランキング」

平均年収1,700万円と言われるボートレーサー。

稼げるスポーツとしても有名で、中には1つの大会の優勝賞金が1億円を超えるものも存在します!

個人戦の競技であるため、この優勝賞金が丸々自分のものになるなんて非常に夢がありますね!

しかし、もちろん簡単に大金が稼げるわけではありません。

実際に、優勝賞金が1億円の大会SG「ボートレースグランプリ」に出場するためには、その年の獲得賞金ランキングのトップ18位までに入る必要があります。

約1,600人の競艇選手がいる中での上位18人…。

その壁は非常に高く、競艇選手であれば誰もが憧れる目標です。

また、ボートレースグランプリはその年のボート界の顔が出場する非常に価値のある大会であるため、賞金ランキング上位18人に残るということは競艇選手の一つの目標でもあるのです。

このように、競艇では獲得賞金に応じて出場できる大会が設けられていたりするため、「賞金ランキング」が特に重要視されています!

その年の賞金ランキング1位の選手は、その年の「賞金王」として名を残すこととなります。

賞金王は年間を通して常に活躍し続けなければ得ることができない称号であるため、非常に栄誉ある称号となっています!

競艇の賞金王争いは毎年グランプリまで白熱する展開が目立つぞ! 今年も非常に楽しみだな!

賞金ランキング上位18名のみが出場!「ボートレースグランプリ(賞金王決定戦)」

ランキング上位の選手は年末の総決算「グランプリ」に出場できる
ランキング上位の選手は年末の総決算「グランプリ」に出場できる

その年の賞金ランキング上位18名は、年末の総決算で優勝賞金1億円のSG「ボートレースグランプリ(賞金王決定戦)」に出場する権利が与えられます!

獲得賞金1億円の大会は、世界で2番目に大きな賞金額の大会となっています!

賞金王に輝くためには、グランプリで優勝することがなによりの近道。

また、競艇の中で最も注目度の高い大会であるため、出場する選手たちはあらためて気合の入る一戦となります!

「ボートレースグランプリ(賞金王決定戦)」の出場資格

賞金ランキング上位18名が出場できるボートレースグランプリですが、選出期間は「1月1日からその年のSGチャレンジカップ最終日まで」となっています。

通常のSGでは、フライングなどのスタート事故により出場資格を取り消されてしまいますが、ボートレースグランプリに限ってたとえフライング休み期間と重複する場合でも、獲得賞金ランキングが21位以内の場合は出場できるという特例があります!

その年に活躍した選手がフライング休みだからという理由だけで見れないのは悲しいからな! この特例はありがたい!

6位と7位、18位と19位には大きな差が!

一つのランキング差で大きな違いが!
一つのランキング差で大きな違いが!

毎年熾烈を極める賞金ランキングですが、グランプリ出場に大きく関わってくるため一つの順位の差でも大きな差が生じてしまいます!

まず注目しなければならない順位は18位19位

グランプリの出場圏内である18位と、その一つ下の順位である19位はランクが一つ違うだけでグランプリには出場できなくなります

また、もう一つの注目順位は6位7位

賞金ランキング6位以内の選手は、グランプリ初日、2日目に賞金ランキング7位から18位の選手で行われる予選「トライアル1st」への出場が免除され、そのまま2次予選である「トライアル2nd」へと出場する権利が与えられます。

賞金ランキング7位から18位の選手がトライアル2ndへ出場するためには、トライアル1stで上位6名に残らなければならないため、その戦いに参加することなくトライアル2ndに出場できる6位の選手は有利に大会を進めることができるのです!

賞金ランキング19位以下はSG「グランプリシリーズ」に出場

賞金ランキング19位から60位の選手は、グランプリと並行して開催されるSG「グランプリシリーズ」に出場することができます!

優勝賞金は1,700万円とグランプリと比べれば見劣りしますが、それでも競艇で4番目に高い賞金額です。

また、上位18位以内の選手であっても、初日2日目に行われるトライアル1stを敗退した場合は3日目からグランプリシリーズに参戦します。

賞金ランキング19位以下であっても、その年に活躍した選手であることはまず間違い無く、グランプリシリーズももちろん大きな盛り上がりを見せます!

2022年の最新「獲得賞金ランキング」!

※横にスクロールにしてください。

まずはグランプリ出場権を誰が得るのか。そして今年の賞金王は誰になるのか。最後まで目が離せない!

女子選手版グランプリ!PG1「クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)」

女子選手のランキング上位者は「クイーンズクライマックス」に出場
女子選手のランキング上位者は「クイーンズクライマックス」に出場

競艇の賞金ランキングは女子選手のみのものも存在します!

また、PG1「クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)」というグランプリの女子選手版の大会も存在します。

初開催は2012年と新しい大会ではありますが、グランプリとともに毎年大きな盛り上がりを見せています!

優勝賞金は1,500万円、さらに500万円相当のティアラが贈呈されます。

「クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)」の出場資格

クイーンズクライマックスの出場資格は少し特殊で、第1選考と第2選考に選考期間が分かれています

まず第1選考期間である開催年1月1日から10月31日の獲得賞金ランキング上位42位までが選出されます。

その後、第2選考期間である開催年1月1日からSG「チャレンジカップ」終了日までで、第1選考で選出されなかった選手の中で獲得賞金が上位12名に該当する選手が選出されます。

上記で選出された全52名の中で、獲得賞金上位12名にクイーンズクライマックスに出場する権利が与えられます。

また、その他42名にはクイーンズクライマックスと並行して開催される「クイーンズクライマックスシリーズ」の出場権が与えられます!

ちなみにクイーンズクライマックスはグランプリとは違い、フライング休みの期間が重なれば選出から除外されてしまうぞ!

2022年の最新「獲得賞金ランキング」女子編!

※横にスクロールにしてください。

ちなみに3月に女子選手初となるSG優勝を果たした「遠藤エミ」選手は、総合ランキングでも11月14日現在11位となっているため「グランプリ」出場圏内だ! グランプリ出場が叶えば女子選手初の快挙となる!

過去のランキングはコチラ!

過去10年間のグランプリ優勝者
過去10年間のグランプリ優勝者

2021年の獲得賞金ランキング

※横にスクロールにしてください。

2021年の獲得賞金ランキング女子編

※横にスクロールにしてください。

2021年賞金王は「瓜生正義」選手

2021年のグランプリ覇者「瓜生正義」選手
2021年のグランプリ覇者「瓜生正義」選手

2021年に賞金王に輝いたのは福岡支部所属の「瓜生正義」選手でした!

瓜生選手はグランプリ出場選出期間では獲得賞金約7,400万円で12位でしたが、グランプリ優勝により獲得賞金を一気に約1億7,200万円まで上乗せし、見事賞金王に輝きました。

瓜生選手は2016年にもグランプリ優勝、そして賞金王に輝いているため、人生で2度目の賞金王となりました!

生涯獲得賞金は歴代5位。

今後もさまざまな活躍を見せてくれそうです!

しょーへい
しょーへい
小さいときからスポーツが大好きで、競艇の競技性に惹かれ競艇をやるようになりました。
人間味のある選手が好きで、そんな選手は人気じゃないときもついつい応援舟券を買っちゃいます。
趣味はもちろんスポーツです。

合わせて読みたい記事