検索
リーダーシップ

競艇予想サイト「LEADER SHIP(リーダーシップ)」を検証!有料予想購入で50万円獲得に成功!

記事を見る

G1福岡チャンピオンカップ2021 初日の模様をご紹介!

G1福岡チャンピオンカップ2021 初日の模様をご紹介!

6月6日より、G1福岡チャレンジカップ2021が開催されました。

開催期間は11日までの6日間です。

初日から熱いレースの数々が繰り広げられており、大会全体に波乱の予感が渦巻いています。

優勝賞金1,000万円は誰の手に!?

この記事では、大会初日に起きた出来事をまとめています。

目次

大会概要

  • 大会名:福岡チャンピオンカップ開設68周年記念競走
  • グレード:G1
  • 優勝賞金:1000万円
  • 開催地:ボートレース福岡
  • 開催日:2021年6月6日(日)~6月11日(金)

ボートレース福岡の周年記念競走になります。

2021年度の優勝賞金は1,000万円になります。

出場メンバー

出場選手は以下の全50名となります。 (全員級別はA1です)

  • 西島義則選手(広島)
  • 間嶋仁志選手(三重)
  • 今垣光太郎選手(福井)
  • 松井繁選手(大阪)
  • 橋本久和選手(群馬)
  • 太田和美選手(大阪)
  • 前本泰和選手(広島)
  • 山崎智也選手(群馬)
  • 武田光史選手(福井)
  • 瓜生正義選手(福岡)
  • 吉川元浩選手(兵庫)
  • 山本寛久選手(岡山)
  • 山本英志選手(東京)
  • 深井利寿選手(滋賀)
  • 飯山泰選手(東京)
  • 寺田祥選手(山口)
  • 坪井康晴選手(静岡)
  • 菊地孝平選手(静岡)
  • 森高一真選手(香川)
  • 廣瀬将亨選手(兵庫)
  • 興津藍選手(徳島)
  • 原田篤志選手(山口)
  • 山崎哲司選手(愛知)
  • 妹尾忠幸選手(岡山)
  • 石橋道友選手(長崎)
  • 杉山貴博選手(東京)
  • 枝尾賢選手(兵庫)
  • 榎幸司選手(長崎)
  • 馬場貴也選手(滋賀)
  • 岡崎恭裕選手(福岡)
  • 峰竜太選手(佐賀)
  • 新田雄史選手(三重)
  • 篠崎元志選手(福岡)
  • 下條雄太郎選手(長崎)
  • 池永太選手(福岡)
  • 西山貴浩選手(福岡)
  • 船岡洋一郎選手(広島)
  • 有賀達也選手(埼玉)
  • 桐生順平選手(埼玉)
  • 片岡雅裕選手(香川)
  • 篠崎仁志選手(福岡)
  • 上野真之介選手(佐賀)
  • 前田将太選手(福岡)
  • 古澤光紀選手(福岡)
  • 岡村慶太選手(福岡)
  • 藤山雅弘選手(大阪)
  • 長谷川雅和選手(岡山)
  • 森野正弘選手(山口)
  • 上村純一選手(群馬)
  • 山田祐也選手(徳島)

ボートレース福岡をホームグラウンドとする、地元選手は9名となります。

  • 瓜生正義選手
  • 岡崎恭裕選手
  • 篠崎元志選手
  • 池永太選手
  • 西山貴浩選手
  • 篠崎仁志選手
  • 前田将太選手
  • 古澤光紀選手
  • 岡村慶太選手

今大会は大波乱のレースが続出! 競艇予想サイトを使って大穴を的中させよう!

福岡チャンピオンカップ2021前半戦のトピック

この項目では、福岡チャレンジカップ初日(6日)のトピックをまとめています。

いったい、どのようなことが起こったのでしょうか?

初日1Rは山田祐也選手がSTコンマ01で快勝

初日(6日)のオープニングカード1Rは山田祐也(やまだ たくや)選手の逃げが決まりました。

出走表は以下の通りです。

初日1R出走表
初日1R出走表

ベテランのイン屋で知られる西島義則(にしじま よしのり)選手が5号艇に番組されていたこともあり、進入は枠なりが崩れ、スタート隊形は152/346。

初日1Rスタート隊形
初日1Rスタート隊形

1周目1M先マイが決まったのは、1号艇山田選手。

山田選手のSTはなんと、コンマ01でした。

初日1R・1周目1M
初日1R・1周目1M

2号艇下条選手が1号艇の外から捲ろうとするも、艇は僅かに膨らんで届かず。

5号艇西島選手を捲り、1号艇の内側を攻める寺田祥(てらだ しょう)選手が2番手に。

そして、さらに内側から西島選手を差してバック側に入った3号艇池永太(いけなが ふとし)選手が3番手に割り込みます。

初日1R・1周目2M
初日1R・1周目2M

1周目2Mでは、それまで1号艇山田選手の後ろをピッタリと着いていた4号艇寺田選手が1度艇を外側に振って、再び差しに来ますが、それも届きませんでした。

そして、それまで3番手に食い込んでいた3号艇池永選手が大きく艇を膨らませてしまい、2号艇下条選手に一時リードを許します。

そこから池永選手はなんとか巻き返して、下条選手との3位争いに。

しかし、2周目1Mで2号艇下条選手が先マイを決め、徐々に1艇身・2艇身とリードを広げていき、最終周回でも着順は変わらず1-4-2という結果に。

初日1R結果
初日1R結果

このレースで1着となった山田選手は「スタートは思ったより早かった。気持ちの分ですかね」と笑ってコメント。

今節引いた30号機には「悪い感じはなくて戦える感じがある。レースにいくとまあまあ」と上々の感触を得ている様子。

さらに、「45%の感じかは分からないけど、持て余している感じはある」と整備次第では機力がまだ上昇すると予感しているようでした。

中盤戦以降も山田選手に目が離せません。

初日3Rで松井繁選手と原田篤志選手が痛恨のフライング

初日3Rで2艇がフライング
初日3Rで2艇がフライング

なんと、あの松井繁(まつい しげる)選手と原田篤志(はらだ あつし)選手がG1という舞台でのF(フライング)をしてしまいました。

2名とも揃ってコンマ03のスリットオーバー。

他艇の2・4・6号艇はコンマ0秒台でスタートを切っており、熾烈なスタート争いの結果とも言えそうです。

Fを切った2選手はこれで賞典争いから外れることとなりました。

松井選手はSGボートレースメモリアル(8月24~29日・蒲郡)が終わった後、30日間のF休みに入ります。

初日最終レース「チャンピオンドリーム」を制したのは…?

初日最終レースはドリーム戦「チャンピオンドリーム」。

この戦いを制したのは、地元選手である篠崎仁志(しのざき ひとし)選手でした。

本レースの出走表は以下の通りです。

初日12R「チャンピオンドリーム」出走表
初日12R「チャンピオンドリーム」出走表

福岡支部の篠崎仁志選手と西山貴浩(にしやま たかひろ)選手がそれぞれ1・3号艇に番組されています。

初日12R「チャンピオンドリーム」1周目1M
初日12R「チャンピオンドリーム」1周目1M

スタートは枠なり。

隊形は1/2345/6 1周目1Mでは1号艇篠崎選手が先マイ。

その外を西山選手が捲りに行きますが届かず。

バック側ではインコースを攻める4号艇の桐生順平(きりゅう じゅんぺい)選手が西山選手に並び、2着争いに。

しかし、2Mで差そうとする4号艇桐生選手がやや膨らみ、上位隊形は1-3-4に。

初日12R「チャンピオンドリーム」結果
初日12R「チャンピオンドリーム」結果

そのまま着順は変わらず、地元選手2名の1・2フィニッシュと相成りました。

初日からなかなか熱いレースが繰り広げられているな!

まとめ:注目の2日目最終レースのドリーム戦 あの峰選手も出場!

以上、福岡チャンピオンカップ初日の見所を紹介しました。

また、この他ベテランの太田和美(おおた かずみ)選手がまくりと逃げで、この日唯一の連勝発進を決めており、予選トップ通過者に浮上しています。

そして、そして。

2日目12Rでは、今大会2度目のドリーム戦、「ペラ坊ドリーム」が行われます。

出走表は以下の通りです。

2日目12R「チャンピオンドリーム」出走表
2日目12R「チャンピオンドリーム」出走表

「ペラ坊ドリーム」では、SGオールスターで優勝したばかりの峰竜太(みね りゅうた)選手が1枠。

初日も3・2着の好成績を収めており、機力についても

まずまずですね。

中堅はしっかりあって、いつも通りにバランス型

とコメント。

また、2・6号艇には地元(福岡支部所属)選手である瓜生正義(うりゅう まさよし)選手と篠崎元志(しのざき もとし)選手が番組されています。

瓜生選手はなんと、5優出1Vという成績を誇る72号機が相棒。

パーセント(モーター勝率)の感じはないですね。

目立つ感じはなかった。

でも(足は)悪くない。

中堅は十分。

試運転では坪井君と変わらないし、いいエンジンの広瀬(将亨選手)君にもやられる感じはない。

と、手応えもまずまずの様子。

2日目のドリーム戦はどのような結果になるのでしょうか。

非常に結果が読みにくいレースとなっています。

今年の福岡チャレンジカップ優勝するのは誰か!? こうご期待!

ドント小東
ドント小東
競艇歴100年のファッションデザイナー☆降臨☆
【教えてやろう、競艇なんて簡単だ】
潤沢なノウハウ、金、富、そして金の全てを兼ね備えた貧乏ライターです
峰はワシが育てた…

合わせて読みたい記事