検索
リーダーシップ

競艇予想サイト「LEADER SHIP(リーダーシップ)」を検証!有料予想購入で50万円獲得に成功!

記事を見る

「SG ボートレースオールスター(若松)」が5月25日より開催! 優勝するのは誰!?

「SG ボートレースオールスター(若松)」が5月25日より開催! 優勝するのは誰!?

今年(2021年)も、「SG ボートレースオールスター」がボートレース若松にて開催されます!

オールスターは人気投票によって選ばれたレーサーたちによる、競艇ファンにとって夢のような大会です。

貴方の推し選手の活躍を見逃すな!

この記事では、第48回 ボートレースオールスター(若松)の情報をまとめています。

目次

ボートレースオールスターの概要

  • グレード:SG(最上級グレード)
  • 優勝賞金:3900万円
  • 開催地:ボートレース若松
  • 開催日:5月25日(火)~5月30日(日)

オールスターは「ファン投票によって出場選手が決定」されるのが最大の特徴。

オールスターはファン投票の形式という事もあり、女子選手が出場しやすいSG競走です。

今年は通年ナイター会場である「ボートレース若松」での開催です!

ちなみに、正式名称は「笹川賞」。

由来は競艇の産みの親である笹川良一(ささかわ りょういち)さんから捩(もじ)ったもの。

最大の特徴は出場資格が「人気投票」であるという点!

ボートレースオールスターへの出場条件は以下の選手です。

  • ファン投票上位選手(投票対象は前期A1級選手のみ)
  • 前年度大会の優勝者
  • 昨年度のグランプリ優出者6名
  • 直近のSGであるボートレースクラシック優勝者
  • 選考委員会選出の選手(3名)

ファン投票は1月下旬から2月下旬までの間に行われ、3月上旬に結果が発表されています。

投票は主にオンライン上(ボートレースオフィシャルWEB)でされており、全国の競艇場・チケットショップでは、マークシートでの投票も受け付けていました。

投票結果はボートレースオフィシャルWEB、ボートレース雑誌、スポーツ新聞各紙が発表しています。

今年も人気ボートレーサーたちがオールスターに集結するぞ!

今年度(2021年)の出場選手(全51名)

この項目では、今年度のオールスター出場選手、全51名をご紹介します。

ちなみに、前年度大会の優勝者・昨年度のグランプリ優出者6名・直近のSGボートレースクラシック優勝者は「優先出場者」と呼ばれ、「委員会推薦枠」の選手と同じく人気投票の順位に関係なく出場権を得ます。

しかし、投票結果の上位6名は「ドリーム戦」への出場権を得るので、優先出場選手でも投票対象です。

今年のオールスター出場選手は以下の通りとなっています。

前年度優勝者(1名)

  • 篠崎仁志(福岡支部)

第35回グランプリ優勝戦出場者(6名)

  • 峰竜太 選手(佐賀支部)
  • 西山貴浩 選手(福岡支部)
  • 松井繁 選手(大阪支部)
  • 平本真之 選手(愛知支部)
  • 新田雄史 選手(三重支部)
  • 寺田祥 選手(山口支部)

第56回ボートレースクラシック優勝者(1名)

  • 石野貴之選手(大阪支部)

人気投票による出場選手(40名)

※投票順位が高い順で掲載しています。

  • 大山千広選手(福岡支部)
  • 毒島誠 選手(群馬支部)
  • 守屋美穂 選手(岡山支部)
  • 桐生順平 選手(埼玉支部)
  • 平高奈菜 選手(香川支部)
  • 平山智加 選手(香川支部)
  • 白井英治 選手(山口支部)
  • 井口佳典 選手(三重支部)
  • 小野生奈 選手(福岡支部)
  • 茅原悠紀 選手(岡山支部)
  • 瓜生正義 選手(福岡支部)
  • 菊地孝平 選手(静岡支部)
  • 馬場貴也 選手(滋賀支部)
  • 篠崎元志 選手(福岡支部)
  • 丸野一樹 選手(滋賀支部)
  • 守田俊介 選手(滋賀支部)
  • 濱野谷憲吾 選手(東京支部)
  • 松本晶恵 選手(群馬支部)
  • 鎌倉涼 選手(大阪支部)
  • 上野真之介 選手(佐賀支部)
  • 磯部誠 選手(愛知支部)
  • 竹井奈美 選手(福岡支部)
  • 今垣光太郎 選手(福井支部)
  • 山崎智也 選手(群馬支部)
  • 原田幸哉 選手(長崎支部)
  • 徳増秀樹 選手(静岡支部)
  • 西島義則 選手(広島支部)
  • 田村隆信 選手(徳島支部)
  • 羽野直也 選手(福岡支部)
  • 永井彪也 選手(東京支部)
  • 深川真二 選手(佐賀支部)
  • 仲谷颯仁 選手(福岡支部)
  • 岡崎恭裕 選手(福岡支部)
  • 佐藤翼 選手(埼玉支部)
  • 深谷知博 選手(静岡支部)
  • 吉川元浩 選手(兵庫支部)
  • 山田康二 選手(佐賀支部)
  • 坂口周 選手(三重支部)
  • 秋山直之 選手(群馬支部)
  • 田頭実 選手(福岡支部)

委員会推薦(3名)

  • 興津藍 選手(徳島支部)
  • 石渡鉄兵 選手(東京支部)
  • 森高一真 選手(香川支部)

(※原則的にオールスターは52名が出場することになっており、開催日前に予備選手からさらに1名が選出されるかと思われます)

以上51名が出場するようだ。豪華な顔触れに胸が高鳴るな!

ドリーム戦出場選手を紹介!

初日最終レースに行われる「ドリーム戦」。

人気投票1~6位の選手が出場します。

今年の出走メンバーは以下の通りです!

  • 峰竜太選手(人気1位、投票数34,968)
  • 西山貴浩選手(人気2位、投票数29,068)
  • 大山千広選手(人気3位、投票数26,693)
  • 毒島誠選手(人気4位、投票数20,256)
  • 守屋美穂選手(人気5位、投票数13,802)
  • 松井繁選手(人気6位、投票数13,288)

この錚々(そうそう)たる面々を見て、胸の躍らない競艇ファンはいないでしょう。

まさに夢のようなレースです。

「オールスター」という名にふさわしい、豪華なメンツですね!

初日(25日)最終レースの「ドリーム戦」は、非常に楽しみだな!

注目選手をピックアップ!

ここでは、今大会の顔とも言える注目の選手2名をご紹介します。

地元(福岡支部所属)選手かつ、ドリーム戦に出場する人気者2名です!

軽快なトーク力に定評のある「西山貴浩」選手

第33回グランプリSでの西山選手
第33回グランプリSでの西山選手
  • 登録番号:4371
  • 生年月日:1987年5月15日
  • 血液型:A型
  • 支部:福岡
  • 出身地:福岡県
  • 登録期:97期
  • 級別:A1級

2005年11月18日、若松競艇場でデビュー。

2020年に 9月28日、徳山ボートレース場で開催された「G1 ダイヤモンドカップ」でG1初優勝を飾りました。

SGでは優出経験が3度あるものの、惜しくも優勝はいずれも逃しています。

飄々とした性格とユニークなトークに定評がある選手で、今回もファンの大きな期待を背負っています。

SG初優勝を目指して、今大会も頑張っていただきたいですね!

名実共にトップクラスの女子レーサー大山千広

第5回ヤングダービーでの大山選手
第5回ヤングダービーでの大山選手
  • 登録番号:4885
  • 生年月日:1996年2月5日
  • 支部:福岡
  • 出身地:福岡県
  • 登録期:116期
  • 級別:A1級

2015年5月12日にボートレース福岡で開催された、「九州プロレス杯」初日第1Rでデビュー。

デビューからわずか3年で、「PG1・SG出場」、「G3(オールレディース 福岡なでしこカップ)優勝」などの大活躍を見せ、2018年に最優秀新人選手として表彰されました。

2019年には賞金女王にもなり、2019年優秀女子選手として表彰されました。

女子選手SG初優勝という歴史的瞬間が、今年こそ拝めるかもしれませんね!

2人ともSG優勝経験こそないが、間違いなく優勝候補だろう!

まとめ:今年のオールスターは観客有! 地元選手には相当なプレッシャーが!?

去年(2020年)のオールスターは、新型コロナウイルス感染拡大対策として、無観客開催措置が取られました。

しかし、今年は有観客での開催が決定!

とは言ったものの、通常の動員がなされる訳ではありません。

開催地である福岡県在住の方を限定対象に、定員を1日1,500名とした入場観戦者の募集が事前に実施されました。 (※既に応募数は定員を超え、入場受付けは終了しています)

今大会は福岡支部の地元選手たちが10名も参戦しています。 (西山貴浩選手、大山千広選手、小野生奈選手、瓜生正義選手、篠崎元志選手、竹井奈美選手、羽野直也選手、仲谷颯仁選手、岡崎恭裕選手、田頭実選手)

観客の皆さんはやはり、地元選手たちを特に応援するかと思われるので、10名の選手たちの意気込みはそれ相応のものとなるかと思います。

今年のオールスターは、地元選手に注目しましょう!

観客は福岡県民の方々のみ!地元選手にはガンバって欲しいな!

ドント小東
ドント小東
競艇歴100年のファッションデザイナー☆降臨☆
【教えてやろう、競艇なんて簡単だ】
潤沢なノウハウ、金、富、そして金の全てを兼ね備えた貧乏ライターです
峰はワシが育てた…

合わせて読みたい記事