準優戦で4艇転覆のアクシデント!? 3連単・3連複が不成立に!

準優戦で4艇転覆のアクシデント!? 3連単・3連複が不成立に!

2021年5月5日のボートレース戸田にて行われていた一般競走5日目、準優戦となる10Rにてその事故は起こりました。

4艇転覆の大アクシデント。

この事故によって3連単・3連複が不成立に。

発売額の約95%返還となりました。

この記事では事故の詳細をまとめています!

目次

事故のあったレース概要

  • 大会名:第32回ウインビーカップ
  • 会場:ボートレース戸田
  • 日付:2021年5月5日(5日目)
  • レース:10R(準優勝戦)
  • 天候:曇
  • 風向:右横風
  • 風速:5m
  • 波高:3㎝

4艇転覆の起きたレースの概要は上記の通りです。

見ての通り、事故の起こったレース時の水面状況はやや荒れ模様でした。

強風が吹いている際、ダッシュ勢の勝負駆けが難しいと言われています。

加えて、波高がやや高いので水面は不安定な状態でした。

ダッシュ勢は大きく不利に働くシチュエーションです。

不安定な水面でスピードを乗せる航走は、非常に危険な行為だぞ!

出走表

  • 1号艇:中澤 和志(A1)
  • 2号艇:佐藤 翼(A1)
  • 3号艇:中村 尊(A2)
  • 4号艇:佐竹 友樹(B1)
  • 5号艇:栗原 直也(B1)
  • 6号艇:山崎 義明(A1)

当競走は企画レースでもないにも関わらず、全員が埼玉支部の選手という異例の準優戦でした。

地元会場での大会と言うこともあり、6名の選手たちは『同僚たちには負けられない』と、熱く闘志を燃やしていたことでしょう。

A1級の主力選手2名が1・2号艇に番組されており、水面も相対的にイン有利な状態だったので、3連単は1-2-3が1番人気(オッズ:7.0倍)・1-2-4が2番人気(8.0倍)・1-2-6が3番人気(14.6倍)でした。

レース内容

スタートは枠なりで、隊形も123/456と平均的でした。

しかし、STがなんと全艇がコンマ0秒台という大接戦という開幕。

準優勝戦ということもあり、選手達の本気度が見られます。

しかし、それが祟ってか、全速ターンを試みる3号艇中村選手とそれに続く1号艇中澤選手が1Mを旋回時に異常に大きな飛沫を立てます。

3号艇・1号艇がターン時に大きな飛沫が上がっています
3号艇・1号艇がターン時に大きな飛沫が上がっています

2艇はターン中にバランスを崩して転覆。

転覆した2艇に衝突し、巻き込まれるような形で2号艇佐藤選手と5号艇栗原選手も同じく転覆となりました。

4艇が転覆と相成りました
4艇が転覆と相成りました

無事だったのは4号艇佐竹選手と6号艇山崎選手。

先にバック側に着いたのは4号艇の佐竹選手でしたが、6号艇の山崎選手の差しが成功してそのまま1着と相成りました。

地元開催となる埼玉選手のみの準優戦は、4艇転覆という大ハプニングがありつつも、A1級のベテラン選手である山崎 義明選手の勝利という形で幕を閉じました。

艇同士がぶつかる凄惨な事故だったようだ。選手たちが心配だな…

まとめ:当事故による返還総額は4519万2000円! ケガ人は無し!

当事故による返還総額は売上の95%となる4519万2000円でした。

3連単・3連複すべてが返還となったほか、1番人気の中澤和志選手と2番人気の佐藤翼選手が脱落したこともあって、ほとんどの舟券が返還となったようです。

当レースは強風が吹く中での競走だったということもあり、波高が比較的高く、全力旋回が失敗しやすい水面状況でした。

STの早さから見受けられる通り、出場選手たちが転覆事故のリスクを顧(かえり)みずに勝負駆けを行ったことが原因で起きた事故と考えられます。

幸い、当レースの事故によるケガ人はいませんでした。

最終日のレースには4人とも出場するということです。

熱い勝負は良いが、選手たちがケガするような激しい事故は勘弁だな…!

ドント小東
ドント小東
競艇歴100年のファッションデザイナー☆降臨☆
【教えてやろう、競艇なんて簡単だ】
潤沢なノウハウ、金、富、そして金の全てを兼ね備えた貧乏ライターです
峰はワシが育てた…

合わせて読みたい記事