G1 ツッキー王座決定戦の結果発表! 優勝したのはいったい誰だ!?

G1 ツッキー王座決定戦の結果発表! 優勝したのはいったい誰だ!?

2021年4月13日~4月18日。 ボートレース津にて「開設69周年記念 ツッキー王座決定戦」が開催されました。

優勝賞金1,000万円はいったい誰の手に渡ったのでしょうか!?

こちらの記事では大会の基本情報はもちろんのこと、『ドリーム戦の出場メンバー』や『期待を集めた地元選手』なども合わせて紹介しています!

目次

ツッキー王座決定戦(2021年)について

ツッキー王座決定戦(2021年)の特設サイトトップ
ツッキー王座決定戦(2021年)の特設サイトトップ
  • 大会名:開設69周年記念 ツッキー王座決定戦
  • グレート:G1
  • 開催会場:ボートレース津
  • 開催期間:2021年4月13日(火)~4月18日(日)
  • 優勝賞金:1,000万円

例年通り初日から4日目までは、予選が行われました。

予選での得点上位18名が5日目に行われる準優勝戦に勝ち上がり、各準優勝戦の上位2名ずつが最終日の優勝戦に出場できます。

ちなみに、初日と2日目の最終レースはドリーム戦が開催されました。

初日に行われたのが「ツッキーDR戦」、2日目に行われたのが「ツックンDR戦」です。

ドリーム戦の出場者は以下の画像の通りです。

ツッキー王座決定戦(2021年)のドリーム戦出場メンバー
ツッキー王座決定戦(2021年)のドリーム戦出場メンバー

初日の「ツッキーDR戦」を制したのは、井口佳典選手。

レースは雨の中行われ、井口選手は1コースから逃げ切りに成功しました。

2日目の「ツックンDR戦」を制したのは、毒島誠選手。

晴れたものの、5mの激しい向かい風の中のレースとなりました。

こちらのレースも1コースの選手(毒島選手)が逃げ切っています。

ツッキー王座決定戦(2021年)の出場選手一覧

  • 川崎智幸(岡山支部)
  • 山崎義明(埼玉支部)
  • 柏野幸二(岡山支部)
  • 安田政彦(兵庫支部)
  • 秋山広一(香川支部)
  • 深井利寿(滋賀支部)
  • 寺田祥(山口支部)
  • 菊地孝平(静岡支部)
  • 原田秀弥(大阪支部)
  • 須藤博倫(埼玉支部)
  • 坂口周(三重支部)
  • 井口佳典(三重支部)
  • 山本隆幸(兵庫支部)
  • 森高一真(香川支部)
  • 中村亮太(長崎支部)
  • 中野次郎(東京支部)
  • 石橋道友(長崎支部)
  • 宇佐見淳(愛知支部)
  • 吉田拡郎(岡山支部)
  • 久田敏之(群馬支部)
  • 山口剛(広島支部)
  • 安達裕樹(三重支部)
  • 毒島誠(群馬支部)
  • 稲田浩二(兵庫支部)
  • 古賀繁輝(佐賀支部)
  • 岡崎恭裕(福岡支部)
  • 河村了(愛知支部)
  • 平本真之(愛知支部)
  • 新田雄史(三重支部)
  • 篠崎元志(福岡支部)
  • 長岡良也(兵庫支部)
  • 西山貴浩(福岡支部)
  • 船岡洋一郎(広島支部)
  • 茅原悠紀(岡山支部)
  • 桐生順平(埼玉支部)
  • 宮地元輝(佐賀支部)
  • 青木玄太(滋賀支部)
  • 大池佑来(東京支部)
  • 新田泰章(広島支部)
  • 河合佑樹(静岡支部)
  • 深谷知博(静岡支部)
  • 北山康介(東京支部)
  • 森野正弘(山口支部)
  • 岩瀬裕亮(愛知支部)
  • 高田明(佐賀支部)
  • 丸野一樹(滋賀支部)
  • 山崎郡(大阪支部)
  • 石丸海渡(香川支部)
  • 佐藤博亮(愛知支部)
  • 松尾拓(三重支部)
  • 豊田健士郎(三重支部)

全51名の選手が出場しています。

ボートレース津を地元会場とする三重支部の選手は、下記の6名でした。

  • 坂口周選手
  • 井口佳典選手
  • 安達裕樹選手
  • 新田雄史選手
  • 松尾拓選手
  • 豊田健士郎選手

直近10年の優勝者はこちら!

開催 優勝戦実施日 優勝者 所属
第68回 2020年11月20日 原田幸哉 長崎支部
第67回 2019年5月15日 中澤和志 埼玉支部
第66回 2019年3月3日 瓜生正義 福岡支部
第65回 2017年10月13日 魚谷智之 兵庫支部
第64回 2016年4月10日 篠崎元志 福岡支部
第63回 2015年5月17日 茅原悠紀 岡山支部
第62回 2014年5月8日 松井繁 大阪支部
第61回 2013年7月18日 井口佳典 三重支部
第60回 2012年9月4日 松井繁 大阪支部
第59回 2011年9月22日 井口佳典 三重支部

去年(2020年度)の優勝者は原田幸哉選手。

平本真之選手との首位争いを制して優勝しました。

原田選手は当時、

テクニック、レースは平本君の方が良かったけど、今回はエンジンのおかげで優勝をもぎ取りました

とレース後に語っています。

まとめ:今年度の優勝者は寺田祥選手!

4月18日、最終日・最終レースの優勝戦。

強いホーム向かい風が吹きすさび、安定板が付いてのレースとなりました。

スタート隊形は1/23456。

伸びの仕上がりが凄まじい3コースの中野次郎選手を警戒して、2コースの長岡良也選手が2カドに引っ張られた為に作られた「スロー単騎」状態でした。

寺田選手はSTがコンマ20と最も遅かったものの、伸び返して1マークでは先マイに成功。

丸野一樹選手がブイ際を差し、バックで迫りましたが、伸び勝ちで2マークも先取りました。

寺田選手はインタビューで

まだ取り戻せてない。これから、どんどん勝っていく

とコメントしています。

これは、3月のSGクラシック・続く宮島G1で予選トップ通過ながらも準優1枠で敗れていたことを指してのコメントだと思われます。

これから始まろうとしている寺田選手の快進撃に注目です!

ドント小東
ドント小東
競艇歴100年のファッションデザイナー☆降臨☆
【教えてやろう、競艇なんて簡単だ】
潤沢なノウハウ、金、富、そして金の全てを兼ね備えた貧乏ライターです
峰はワシが育てた…

合わせて読みたい記事