検索
プロ中のプロ集団で結成されているから稼げる!?「競艇道」について詳しく解説

プロ中のプロ集団で結成されているから稼げる!?「競艇道」について詳しく解説

記事を見る

賞金王をかけた最高峰のレース!第35回SGグランプリ「Road to THE GRAND PRIX」がボートレース平和島(平和島競艇場)で開催!

賞金王をかけた最高峰のレース!第35回SGグランプリ「Road to THE GRAND PRIX」がボートレース平和島(平和島競艇場)で開催!

第35回SGグランプリ「Road to THE GRAND PRIX」が2020年12月15日(火)~12月20日(日)にかけてボートレース平和島(平和島競艇場)にて開催されます。

SGグランプリは一握りのトップレーサーだけで繰り広げられ、年間の賞金王が決定されるボートレース界最高峰のレースです。

本記事ではSGグランプリの基本情報から注目の選手情報、予想のポイントまで、お得な情報を大公開します!

目次

賞金は1億円!SGグランプリ「Road to THE GRAND PRIX」の基本情報!

Road to THE GRAND PRIX
Road to THE GRAND PRIX

SGグランプリには2020年1月1日~11月29日(SGチャレンジカップ最終日)までの獲得賞金ランキング上位18名の選手が出場します。

優勝賞金額はなんと1億円とボースレースの最高額です。

以下の表を見てもらうとわかるようにSG競走の中でも優勝賞金額がズバ抜けています。

SGレース名優勝賞金額
ボートレースクラシック3500万円
ボートレースオールスター3500万円
グランドチャンピオン3300万円
オーシャンカップ3300万円
ボートレースメモリアル2700万円
ボートレースダービー3500万円
チャレンジカップ3300万円
グランプリシリーズ戦1600万円
グランプリ1億円

賞金王の座と1億円がかかった最高峰のレースです。

選手達の意気込みも大きく変わるので1年を締めくくる最も熱いレースになることは間違いありません!

SGグランプリ「Road to THE GRAND PRIX」6日間のレース進行

レース進行表
レース進行表

開催初日から最終日まで以下の日程でレースが進行されます。

  • 【初日~2日目:トライアル1st】賞金ランキング7位~18位の12名で行われる。
    得点上位6名が「トライアル2nd」へ進出。
    下位6名は敗退となり、「グランプリシリーズ」に予選3日目から合流。
  • 【3日目 ~5日目:トライアル2nd】トライアル1stを勝ち上がった6名+賞金ランキング1位~ 6位の選手を加えた計12名で行われる。
  • 【最終日:グランプリ優勝戦・順位決定戦】「トライアル2nd」の得点上位6名で「グランプリ優勝戦」、下位6名で「順位決定戦」が行われる。

第35回SGグランプリ「Road to THE GRAND PRIX」注目の選手!

以下が2020年の獲得賞金額上位6名のSGグランプリ出場選手です!

3日目のトライアル2ndからの参戦となるので要チェックです!

順位選手名獲得賞金額
1位峰竜太選手147,125,000円
2位毒島誠選手131,609,000円
3位吉川元浩選手117,320,932円
4位篠崎仁志選手106,298,333円
5位深谷知博選手94,277,333円
6位寺田祥選手93,799,000円
峰竜太選手
峰竜太選手

特に注目したいのは獲得賞金額1位の峰竜太選手

平均スタートタイミングが0.13と非常に早く、道中の追い上げを得意としていることからどのコースからでも1着を狙えます!

毒島誠選手
毒島誠選手

また、2位の毒島誠選手からも目が離せません。

毒島誠選手は本年11月に行われた「SGチャレンジカップ」で見事優勝を果たしました!

1コースからの完璧な「逃げ」が決まったことが勝因です。

SGでの優勝歴が7回ある、指折りのトップレーサーです!

第35回SGグランプリ「Road to THE GRAND PRIX」の予想ポイント!

ここで第35回SGグランプリの予想ポイントを解説したいと思います。まずは過去10年のSGグランプリのレース結果を見てみましょう!

開催年開催場優勝者枠番コース決まり手
2019年住之江石野貴之11逃げ
2018年住之江峰竜太11逃げ
2017年住之江桐生順平11逃げ
2016年住之江瓜生正義11逃げ
2015年住之江山崎智也11逃げ
2014年平和島茅原悠紀66差し
2013年住之江池田浩二11逃げ
2012年住之江山崎智也44まくり差し
2011年住之江池田浩二11逃げ
2010年住之江中島孝平22まくり

ここ5年連続で1号艇が「逃げ」で優勝を決めています。

SGグランプリには一握りのトップレーサーのみが出場しているため、1号艇を引き当てればそのまま1着でゴールする可能性が高いと考えていいでしょう。

「イン逃げ」に信頼をおけるか見極めることが大切です。

しかし、忘れてはいけないのは2020年のSGグランプリの開催地は例年のボートレース住之江ではなく、ボートレース平和島です。

ここ10年間では一度だけ2014年にボートレース平和島でSGグランプリが開催されていますが、6号艇の茅原悠紀選手が差しで1着を決めています。

とういうことで次はボートレース平和島の特徴からポイントを分析していきたいと思います。

ボートレース平和島(平和島競艇場)の特徴から予想ポイントを分析!

ボートレース平和島の水面図
ボートレース平和島の水面図

ボートレース平和島はインが不利な狭い競走水面です。

1コース1着率は45%と全国平均を大きく下回っています。

1マークからスタンドまでの距離が37mと狭いことによって、「イン逃げ」が決まらなくなるのです。

また、高層ビルに囲まれているため、ビル風が吹いて水面が荒れやすくなっています。

風の影響は以下のようにセオリー通りです。

  • 追い風の場合:1コース~3コースの1着率が上がる。
  • 向かい風の場合:4コース~6コースの1着率が上がる。

追い風の場合、風の強さによって有利なコースが変わります。

  • 風速1m~3mの追い風:1コースが有利
  • 風速4m以上の追い風:2、3コースが有利

選手の現地勝率はもちろん、レースの直前情報で風向きと風の強さをチェックしてみましょう!

まとめ:SGグランプリ「Road to THE GRAND PRIX」は賞金王の座がかかった最も熱いレース!

最後に第35回SGグランプリのポイントをおさらいします。

  • 開催地はボートレース平和島。
  • 開催期間は2020年12月15日(火)~12月20日(日)
  • 2020年の獲得賞金額の上位18名が出場。
  • 「イン逃げ」に信頼をおけるかを見極める。
  • ボートレース平和島の癖を把握し、現地勝率とレースの直前情報で風向きと風の強さをチェックする。

SG競走では基本的にイン逃げが決まりやすいですが、2020年のSGグランプリは例年とは違い、インの弱いボートレース平和島で開催されます。

2014年にボートレース平和島で開催されたSGグランプリのように6号艇の選手が逆転優勝をすれば高配当が飛び出すことも考えられるので、悔いの残らないように予想をしましょう!

18名の出場選手がどのようなレースを繰り広げ、賞金王の座は誰の手に渡るのか…一瞬たりとも目が離せません!

にゃんた
にゃんた
料理が趣味のサラリーマンです。稼げそうだと思い、競艇を始めました。いつか仕事をせずに競艇で億万長者になれますように。そのために日々勉強中。

合わせて読みたい記事